お知らせ

近畿大学校友会 情報配信メール(1月16日配信)

近畿大学校友会
 校友 各位

 

近畿大学総務部校友課の石森です。
近畿大学の各種情報を記載しております情報配信メールをお送りしますので、校友の皆様で御共有ください。

 

<近畿大学トピックス>

○全国8位から3位へ急上昇!!
  ~平成27年度産学連携実績~

平成29年(2017年)1月13日(金)、文部科学省より「平成27年度 大学等における産学連携等実施状況について」が発表となりました。
本資料における近畿大学のトピックスをまとめました。

近畿大学は、文部科学省「平成27年度 大学等における産学連携等実施状況について」の「民間企業からの受託研究費受入額」「民間企業からの受託研究実施件数」において、それぞれ全国3位、2位となりました。

主な要因は“全学的な広報ブランディングに加え、産業界と大学を結び単一組織でワンストップ・ソリューションを実現するリエゾンセンターが、
①近畿大学研究シーズ発表会(毎年、東大阪市・大田区の2箇所で開催)
②展示会等での研究シーズの発表(27年度は32の展示会で発表)
③金融関係機関との連携(14機関と協定締結済)等を実施。”であると分析されています。

*本記事は文部科学省ホームページ
 「平成27年度 大学等における産学連携等実施状況について」より作成しています。

○民間企業からの受託研究費受入額
 1位 慶應義塾大学 788,051千円(昨年1位)
 2位 早稲田大学   521,099千円(昨年2位)
 3位 近畿大学    346,652千円(昨年8位)

詳しくはこちらをご覧ください。
http://kindaipicks.com/article/000944

 

○研究力に高い評価 世界大学ランキング「URAP2016-2017」で西日本私大1位

世界大学ランキングの一つ、「URAP2016-2017」の結果が発表され、近畿大学は昨年度と変わらず西日本私大1位でした。
本ランキングは、様々な大学ランキングの中でも、特に大学の研究力に関する指標の比重が大きいものです。
*世界736位/全国26位/全国私大5位/西日本私大1位
*17位「University of Bayreuth」と 19位「Royal Melbourne Institute of Technology」 は日本の大学ではないので除外しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://kindaipicks.com/article/000934

 

○学生が考案!近大みかんのデザートを子ども達に提供

近畿大学医学部奈良病院(奈良県生駒市)は、平成29年(2017年)1月18日(水)、小児病棟の入院患者である子どもたちを対象に近畿大学附属農場(湯浅農場)で収穫した近大みかんを用いて、農学部食品栄養学科の学生が考案した手作りデザートを提供します。

【本件のポイント】
●湯浅農場で収穫された近大みかんを用いたデザートを、農学部食品栄養学科の学生が考案
●医学部奈良病院、農学部食品栄養学科および湯浅農場の連携で、子ども達の笑顔を創出
●小児病棟の入院患者様への楽しい食事環境の提供を、学生が実践的に学ぶ機会

【本件の概要】
近畿大学農学部食品栄養学科では医学部奈良病院と連携し、病院食の質の向上を目的として、奈良病院に入院中の患者様を対象に、平成28年(2016年)4月から「食事満足度向上プログラム」を実施しています。
これまで、献立の刷新をはじめ、近畿大学および附属農場で栽培した各種農産物を病院食に取り入れるとともに、食材や献立に関する情報を学生考案のイラスト付きメッセージカードで紹介するなど、食事環境の満足度を向上させる取り組みを行ってきました。
今回は、農学部食品栄養学科生が近大みかんを用いたデザート「まるごと近大みかんのコンポートのゼリー添え」を考案、医学部奈良病院栄養部の管理栄養士とともに調理、提供します。現在、小児病棟には約10名の子どもたちが入院しており、日々食事制限などのストレスがあります。
そんな子どもたちにこのデザートを提供することにより、少しでも入院生活のストレス解消に貢献し、病棟に笑顔を生み出します。

日時:平成29年(2017年)1月18日(水)18時00分開始の夕食時に提供
会場:近畿大学医学部奈良病院
    奈良県生駒市乙田町1248-1
    近鉄生駒線「東山駅」から徒歩約10分
対象:小児病棟入院患者 約10名(一部、特別な食事制限が必要な患者の方を除く)

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.news2u.net/releases/151409

 

○未来を変えるフライング・カーとロボ・アドバイザーとは?
 ~経営イノベーション研究所「第15回研究報告会」を開催~

近畿大学経営イノベーション研究所は、平成29年(2017年)1月25日(水)、近畿大学にて「第15回研究報告会」を開催します。

【本件のポイント】
○IT関連企業が数多く集うシリコンバレーに詳しい経営学部教授が、日本ではまだあまり知られていない最先端のIT技術についてわかりやすく解説

●フライング・カーとロボ・アドバイザーを開発する米国のベンチャー企業の事例を紹介
●近畿大学の研究成果を地域企業や一般の方に提供し、地域の活性化に貢献

【本件の概要】
近畿大学経営イノベーション研究所は、産業界と連携して経営イノベーションの実例を取り入れた教育・研究を行うとともに、東大阪の企業経営者や地域の方へ、最新のイノベーションについて学ぶ場を積極的に提供しています。
今回は、近畿大学経営学部および経営イノベーション研究所の渡辺 泰明 教授が、「フライング・カーとロボ・アドバイザーが車と金融の未来を変える~Terrafugia社とEmotomy社の事例紹介~」と題して、空を飛ぶ未来の自動車「フライング・カー」、人間に代わって金融投資のアドバイスや資産運用を行う「ロボ・アドバイザー」について解説します。

日  時:平成29年(2017年)1月25日(水)
      14時50分~16時20分
場  所:近畿大学東大阪キャンパス 21号館 8階会議室
      大阪府東大阪市小若江3-4-1
      近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分
対  象:企業・一般の方、本学学生・教職員
     定員先着50名、入場無料、当日参加可
申込方法:氏名、年齢、参加希望人数を明記の上、メール:icmi@bus.kindai.ac.jp にてお申込みください。
お問合せ:近畿大学経営イノベーション研究所
      TEL(06)4307-3046

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.news2u.net/releases/151378

 

○高級魚「クエ」と「タマカイ」の良さを併せ持つハイブリッド「クエタマ」を直営店にて数量限定で初提供

近畿大学は、平成28年(2016年)12月20日(火)から2月上旬頃まで、大阪・梅田と東京・銀座に出店している養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所」にて、「クエ」と「タマカイ」の交雑魚「クエタマ」を使用した新メニュー3種を各店舗1日計15食限定で提供を開始します。

【本件のポイント】

  • 高級魚「クエ」の淡白で上品な味わいと、絶滅危惧種「タマカイ」の食感の良さを併せ持つ「クエタマ」を養殖。噛めば噛むほど旨味が溢れ出る新たな魚を初提供
  • 味だけでなく、「タマカイ」の成長の早さも併せ持ち、出荷サイズまでの養殖が容易
  • 付加価値の高い交雑魚の良さを一般の方に知ってもらう

【本件の概要】
提供開始:平成28年12月20日(火)
      ディナー 17時00分~23時00分(L.O. 22時00分)
      ※ディナーのみでの提供
場  所:養殖魚専門料理店
     「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」
      ・大阪店 大阪市北区 グランフロント大阪内
      ・銀座店 東京都中央区銀座
メニュー:(1)近大産クエタマの薄造り     800円(税抜)
     (2)近大産クエタマのガーリックオイル焼き
                        950円(税抜)
     (3)近大産クエタマのオイスターソース炒め
                        950円(税抜)
     ※各店舗3種合わせて1日計15食限定在庫に限りがあるため、2月上旬頃までの提供

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.news2u.net/releases/150987

******************************
〒577-8502
大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06-4307-3008(近畿大学総務部校友課)
TEL:06-6723-2314(近畿大学校友会)
FAX:06-6724-7430
E-mail:kohyu@itp.kindai.ac.jp(近畿大学総務部校友課)
E-mail:kindai.koyu@gmail.com (近畿大学校友会)

近畿大学    http://www.kindai.ac.jp/
近畿大学校友会 http://kindai-koyu.jp

近畿大学校友会公式Facebook
http://www.facebook.com/kindai.kohyu.jp

PageTop