お知らせ

近畿大学校友会 情報配信メール(1月17日配信)

近畿大学校友会
 校友 各位

 

近畿大学総務部校友課の石森です。

近畿大学の各種情報を記載しております情報配信メールをお送りしますので、校友の皆様で御共有ください。

 

<近畿大学トピックス>

○分子の大きさで円偏光発光の回転方向を制御できる環状キラル色素を開発

【本研究のポイント】
●三次元ディスプレイや暗号通信に応用可能な環状の円偏光発光(CPL)色素を開発した。
●CPL色素の性質と分子構造の相関はこれまで分かっていなかったが、光るユニットを環状にしてサイズを調整することで、偏光の強弱と回転方向の制御に成功した。
●今回の結果は実用的なCPL色素材料の設計に重要な指針を与えた。

北里大学大学院理学研究科の長谷川真士講師、真崎康博教授と近畿大学理工学部応用化学科の今井喜胤准教授の研究グループは、「ナフタレン分子を環状に規則正しく並べる」という単純な分子設計で、強い円偏光発光(CPL: Circularly Polarized Luminescence)を示す色素を開発しました。
CPL色素は三次元ディスプレイや暗号通信に応用が可能な円偏光発光を示す色素ですが、偏光の強弱や回転方向などの性質と分子構造との相関がよくわかっておらず、合理的な材料設計が困難な状況にあります。光学活性な分子から強力なCPLを得るには、「光るユニット」をどのように配置するのか?が鍵となります。今回、「光るユニット」として、キラル(鏡像関係にあり重ね合わせられない位置)に配置したサブユニット(ビナフチル)を用意し、環状に繋げたところ、強いCPLを観測しました。また、環のサイズによって「光るユニット」の配置が変化するため、円偏光の回転方向の制御も可能となりました。これは従来よく分かっていなかった「分子構造とCPLの相関」を実験的に明らかにしたものであり、今後、CPL色素を用いた機能性光学材料の設計への重要な指針を得たと言えます。
本研究成果は、平成31年(2019年)1月4日(GMT)に英国王立化学協会の速報誌 Chemical Communicationsのオンライン版で公開され、掲載誌の裏表紙(Back Cover)に選出されています。本研究成果は科学研究費補助金 基盤研究(C)(課題番号 JP18K05092)、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の支援のもとに行われました。

掲載雑誌:Chemical Communications(Impact Factor: 6.290)
題名  :Stereogenic Cyclic Oligonaphthalenes Displaying Ring Size-Dependent Handedness of Circularly Polarized Luminescence(CPL)
     (サイズによって掌性が変化するキラルな環状オリゴナフタレン)
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.news2u.net/releases/164206

 

○「第2回国際がん研究シンポジウム」開催
 ~国際的な「がん専門医療人」の養成を目指して~

近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)を主幹とする「7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン」は、平成31年(2019年)2月2日(土)、3日(日)、シェラトン都ホテル大阪にて、多職種の若手がん研究者や医療従事者を対象として、「第2回国際がん研究シンポジウム」を開催します。

【本件のポイント】
●国内外の若手研究者が「がん」に特化した研究成果を発表
●ゲノム医療や免疫療法のほか、異なるライフステージのがん患者に対する対策をテーマに開催
●多様化するニーズに対応し、「個別化医療」を実践できる「がん専門医療人」を養成

日時  :平成31年(2019年)2月2日(土)10時00分~19時00分
     平成31年(2019年)2月3日(日) 9時00分~14時20分
場所  :シェラトン都ホテル大阪4F 大和の間
      大阪府大阪市天王寺区上本町6-1-55
      近鉄線「大阪上本町駅」直結
対象  :医療関係者及び医療従事者を目指す学生(申込不要・入場無料)
お問合せ:近畿大学医学部  
      TEL(072)366-0221

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.news2u.net/releases/164187

 

○ACADEMIC THEATER・国際学部棟が第38回大阪都市景観建築賞で審査員特別賞を受賞

周辺環境の向上に資し、かつ、景観上優れた建物や建物を中心とするまちなみを表彰する第38回大阪都市景観建築賞(愛称:大阪まちなみ賞)の発表があり、ACADEMIC THEATERおよび国際学部棟が審査員特別賞を受賞しました。

キャンパスの計画エリアの4つ角に4つの棟を配置し、キャンパス軸や景観との調和を図りつつ、囲まれた隙間におもちゃ箱のような小さなスケールのユニットをはめ込んでいる。外装には木格子や木化チップを組み込んだパネルを用い、建物の隙間や外構では、豊かな緑の心地よいランドスケープが展開する。多種多様な学生たちの出会いや語らい、そこから生まれる様々なアクティビティを誘発する仕掛けが随所にデザインされ、質の高い空間が実現している。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://kindaipicks.com/article/001646

 

○奈良県×マックス×近畿大学
 ~奈良県産柿を使ったコスメ開発開始~

奈良県に主要製造拠点を置く株式会社マックスが、奈良県や近畿大学農学部と連携して、「柿の葉」や「柿の実」を中心に、日本のコスメ発祥の地としての魅力を詰め込んだ”ビーガン仕様”の観光活性コスメの開発・研究をスタートします。
2019年2月上旬発売を予定し、柿ポリフェノールによるアンチエイジング作用の研究を行います。

スキンケア・ボディケア・ヘアケア製品の化粧品製造を行う株式会社マックス(本社:大阪府、製造拠点:奈良県橿原市曽我町、代表:大野 範子)は、「柿の葉」や「柿の実」を中心に、奈良県を代表する農産物を配合して、地域の魅力を発信するコスメの研究・開発をスタートしました。
この活動では、奈良県より「平成30年度 高付加価値獲得支援補助金事業」の支援を得て、複数の県産農産物から美容成分を配合した商品化の検討をスタート。その中でも主要特徴成分の一つである「柿の葉」や「柿の実」は、高い抗酸化作用(老化防止)が見込まれることから、柿の研究を行ってきた近畿大学農学部と連携をして、肌への有用性(アンチエイジング)の共同研究も合わせて開始しました。

■商品開発の背景
マックスは、奈良県に約30年前から事業所を展開して、現在では9割以上の製造を奈良工場で行っています。そしてこれからの時代の進むべき道として、地域との共存共栄が不可欠であると考え、地域貢献の一助となるような新規事業の検討を行うことになりました。
その中で着目したのが、”日本の化粧”の歴史を紐解くと、飛鳥・奈良時代に大陸とのつながりで化粧品の利用が盛んになり、現在の化粧文化の基盤が築かれたことです。そして奈良県には、今でもやまと時代から脈々と引き継がれた豊かな自然が存在しています。そこで、コスメに配合する成分を、やまと時代から続く奈良県の農産物主体とすることで、農産物(ブランド食品)を知っていただく機会を創出すると共に、”やまと時代の歴史的情緒”まで感じていただける、これまでに無いコンセプトのコスメが出来上がると考えました。
又、マックスでは、これまで主にデオドラント(体臭対策)を目的とした多くの柿渋配合の化粧品製造を行ってきた中で、柿の高い抗酸化性にも着目。国内でもあまり研究が進んでいなかった柿の成分による美容効果を立証することで、県産農産品の新しい付加価値を創出できると考えました。
更に、県産農産品(植物)を配合することにこだわり、非動物性成分とすることで、世界的潮流であるビーガン仕様のコスメとなり、現在、奈良県でも拡大しているインバウンド需要にも対応できると考えました。

■今後の展望
2019年2月上旬頃から関西のお土産店を中心に、スキンケアシリーズとして「洗顔石けん」、「美容液」、「美容液マスク」の3品目を発売します。その後、化粧水やハンドクリームなどの品目を追加していきながら、ここ数年の間に合計10品目程度のランナップまで拡充していく予定です。

■発売概要
発売:2019年2月上旬予定
販路:主には奈良県や関西のお土産店、インターネットで販売
品目:洗顔石けん 上代想定 700円、美容液 上代想定 1,000円、美容液マスク 上代想定 500円

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.news2u.net/releases/163960

 

○世界初!糖尿病の劇症化に関わる遺伝子を発見
 ~オールジャパンで「劇症1型糖尿病」発症メカニズムの解明に挑む~

近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)内科学教室(内分泌・代謝・糖尿病内科部門)主任教授の池上博司がチームリーダーとして主導した研究グループが、国内18施設で実施した多施設共同大規模研究において、糖尿病のなかでも特に重篤とされる劇症1型糖尿病の発症に関与する第二の遺伝子を世界で初めて発見しました。

この共同研究の成果は、糖尿病の研究分野では最高峰とされる米国糖尿病学会の機関誌「Diabetes」に掲載される予定です。これに先立ち、平成30年(2018年)12月14日(金)に、論文原稿が「Diabetes」オンライン版で公開されました。
これにより劇症1型糖尿病に対する新たな予防法・治療法の確立が期待され、糖尿病患者にとって非常に大きな朗報となります。

【本件のポイント】
●東アジアに多い劇症1型糖尿病に関する研究をオールジャパンで実施
●全ゲノム関連解析により、1型糖尿病の劇症化に関与する遺伝子を世界で初めて特定
●劇症1型糖尿病の新たな予防法や治療法への応用を期待

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.news2u.net/releases/164071

******************************
〒577-8502
大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06-4307-3008(近畿大学総務部校友課)
TEL:06-6723-2314(近畿大学校友会)
FAX:06-6724-7430
E-mail:kohyu@itp.kindai.ac.jp(近畿大学総務部校友課)
E-mail:kindai.koyu@gmail.com (近畿大学校友会)

近畿大学    http://www.kindai.ac.jp/
近畿大学校友会 http://kindai-koyu.jp

近畿大学校友会公式Facebook
http://www.facebook.com/kindai.kohyu.jp

PageTop