お知らせ

近畿大学校友会 情報配信メール(12月16日配信)

近畿大学校友会
 校友 各位
 
近畿大学校友会事務局です。
近畿大学及び校友会の各種情報を配信いたしますので、校友会の皆様で御共有ください。
 
〈ニュース〉
〇カラオケで「近大節」が歌えるよ。
  今年2月にオリジナルミュージックビデオが完成し、そしてさらに、カラオケのJOY SOUND(ジョイサウンド)とUGA(ウガ)の各機種で近大節が配信されております。皆様、是非カラオケでも近大節をお楽しみいただければと思います。
♪みんなで歌おう近大節♪
↓ミュージックビデオURL
https://www.youtube.com/watch?v=obsSzoME2RY

 
〈近畿大学トピックス〉
 
〇シベリアチョウザメの全メス化に成功 雌雄判別作業を削減し、キャビアの効率生産を目指す
 
近畿大学水産研究所新宮実験場(和歌山県新宮市)は、平成29年(2017年)12月に、ドイツから受精卵を輸入し、人工ふ化したシベリアチョウザメに女性ホルモンを経口投与して、全メス化させる実験を行ったところ、供試魚の100%がメスになっていることを確認しました。
 
【本件のポイント】
●日本で初めてチョウザメ類の全メス化に成功
●シベリアチョウザメに女性ホルモンを含む配合飼料を与えて、全メス化を確認
●雌雄判別作業を削減することで、キャビアの効率生産を目指す
 
【本件の内容】
養殖してチョウザメからキャビアを生産するためには、長い年月を要することに加え、チョウザメの半数がオスであるため、雌雄判別作業にコストがかかります。そこで、キャビア生産の効率化を図るために全メス化の技術開発に取組んできました。
本研究では、ふ化後4カ月目のシベリアチョウザメの稚魚150尾に女性ホルモンを混ぜた配合飼料を6カ月間与えた後、22カ月目まで通常の配合飼料で飼育しました。この中から無作為に45尾を抽出して、生殖腺の形状を実体顕微鏡で観察し卵細胞が確認された個体をメスと判別し、卵細胞が確認できなかった個体は、生殖腺の組織切片を染色して卵細胞を確認したところ45尾全てに卵細胞が確認されました。
通常オスを選別するためには、3歳程度になったチョウザメを1尾ずつ池から取り上げて、腹部を切開し、生殖腺の色や形を目視確認して雌雄を判別し、外科用の針と糸で切開部を縫合して池に戻す雌雄判別作業が必要になります。全メス化をすることでこの工程を省略することができ、生産者の労力の軽減が期待されます。
 
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.news2u.net/releases/167645
 
〇ビジコン×モノコン×スポコン最終決戦 「MIX MODERN The Battle」開催
 
近畿大学(大阪府東大阪市)は、令和元年(2019年)12月21日(土)に、アカデミックシアターACTプロジェクトの2019年の活動を締めくくるイベントとして、「MIX MODERN The Battle」を開催します。本イベントでは、「ビジネスコンテスト(=ビジコン)」、「e-sportsコンテスト(=スポコン)」の最終決戦が行われ、「モノづくりコンテスト(=モノコン)」部門では、学生が段ボール素材で製作した180cmの力士を用いて巨大紙相撲を実施し、体育会相撲部員も土俵を叩き盛り上げます。
 
【本件のポイント】
●ビジコン・モノコン・スポコン、3つのコンテストで学生同士がバトル形式で対戦。決勝戦を同日同会場で実施
●相撲部の協力を得るなど会場全体で盛り上がる仕掛けを用意
●学生は、第一線で活躍する起業家たちと交流でき、よい刺激をうける機会
 
【本件の内容】
近畿大学では知のイノベーションを引き起こすことを目的として、近畿大学アカデミックシアター内ACTルームにおいて様々なプロジェクトを展開しており、今回は、令和元年(2019年)の活動を締めくくるイベントとして、12月21日(土)に「MIX MODERN The Battle」を開催いたします。当日は、アカデミックシアター内の活動で生まれた3つのコンテストの最終決戦を行い優勝者を決定します。
 
【開催概要】
日時:令和元年(2019年)12月21日(土)14:00~19:00
場所:近畿大学東大阪キャンパスACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)
   2号館1階実学ホール
   (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
対象:一般の方、関係企業、近畿大学学生、教職員(参加無料・事前申込不要)
 
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.news2u.net/releases/167666
 
〇近畿大学の学生が共同開発「あまいもグラッセ」限定販売 12月20日(金)には農学部の学生が店頭販売も
 
近畿大学農学部(奈良県奈良市)は、奈良を拠点に菓子の直営店舗を展開し、オリジナル商品の開発を行う(株)奈良祥樂(奈良県斑鳩町)と奈良県平群町と共同で開発した芋納豆「あまいもグラッセ」を、数量限定で販売します。本商品は、平成30年(2018年)度に開発し、2年目となる今年度は販路を拡大して計4店舗で販売します。また、販売初日となる令和元年(2019年)12月20日(金)には、道の駅大和路へぐり くまがしステーションにて、原材料のサツマイモの生産を担当した農学部の学生(3人)による店頭販売も行います。
 
【本件のポイント】
●産官学連携で開発した、サツマイモの甘みを活かした芋納豆を、今年度も数量限定で販売
●近畿大学農学部の学生がサツマイモを生産し、文芸学部を中心とした「近大デザインラボ」の学生がパッケージをデザイン
●学生は農産物の生産から加工、流通、販売までを、実学的に体験することで、アグリビジネス(農業関連産業)のプロを目指す
 
【本件の内容】
近畿大学農学部農業生産科学科は、アグリビジネス実習の一環として、奈良県平群町、(株)奈良祥樂(奈良県斑鳩町)と連携し、平成30年(2018年)度に、芋納豆「あまいもグラッセ」を企画・開発しました。原材料のサツマイモの生産は農学部の学生が担当し、パッケージデザインは学内連携により文芸学部文化デザイン学科の「近大デザインラボ」の学生が考案した、秋の4色でサツマイモの形を表現したデザインを採用しています。
 
【販売概要】
■道の駅大和路へぐり くまがしステーションでの販売
店  名:道の駅大和路へぐり くまがしステーション
住  所:奈良県生駒郡平群町平等寺75-1(近鉄生駒線「平群駅」から徒歩約10分)
販売日程:令和元年(2019年)12月20日(金)~なくなり次第終了
     学生による店頭販売:12月20日(金)13:30~15:00
営業時間:9:00~18:00、不定休
販売価格:410円(税込、140g入り)
販売数量:700袋
 ※販売数量は変更となる場合があります。また、数量限定のため売り切れ次第終了となります。
 
■奈良祥樂 本社直売所での販売
店  名:奈良祥樂 本社直売所
住  所:奈良県生駒郡斑鳩町龍田2-2-11
     (近鉄・JR王寺駅から奈良交通バス(法隆寺前・三郷駅・信貴山方面)
     「斑鳩交番前」下車徒歩2分)
販売日程:令和元年(2019年)12月20日(金)~なくなり次第終了
営業時間:平日9:00~17:00、土日祝休
販売価格:410円(税込、140g入り)
販売数量:100袋
 ※販売数量は変更となる場合があります。また、数量限定のため売り切れ次第終了となります。
 
■奈良祥樂 近鉄奈良駅店での販売
店  名:奈良祥樂 近鉄奈良駅店
住  所:奈良県奈良市東向中町29 地下コンコース 近鉄奈良駅Time’s Place内
     (近鉄奈良線「近鉄奈良駅」Time’s Place内)
販売日程:令和元年(2019年)12月20日(金)~なくなり次第終了
営業時間:9:00~20:00、年中無休
販売価格:410円(税込、140g入り)
販売数量:200袋
 ※販売数量は変更となる場合があります。また、数量限定のため売り切れ次第終了となります。
 
■道の駅かつらぎでの販売
店  名:道の駅かつらぎ
住  所:奈良県葛城市太田1257(近鉄南大阪線「磐城駅」から徒歩約28分)
販売日程:令和元年(2019年)12月20日(金)~なくなり次第終了
営業時間:8:30~19:00、年中無休
販売価格:410円(税込、140g入り)
販売数量:200袋
 ※販売数量は変更となる場合があります。また、数量限定のため売り切れ次第終了となります。
 
■商品に関するお問い合わせ:(株)奈良祥樂 TEL(0745)74-0526(担当:植田)
 
詳細はこちらからご覧ください。
http://www.news2u.net/releases/167686
 
〇クリスマスを「かわまたアンスリウム」で飾ろう 復興のシンボル、アンスリウム栽培からSDGsを考える
 
近畿大学(大阪府東大阪市)は、令和元年(2019年)12月20日(金)~22日(日)福島県福島市の百貨店、中合福島店にて、ポリエステル媒地を使用して栽培されたアンスリウムやオーガニックコットンを使ったクリスマスアレンジメントのワークショップや、SDGs(持続可能な開発目標)についてのパネル展示発表を開催します。本イベントは、「“オール近大”川俣町復興支援プロジェクト」の一環として行われ、近畿大学の学生団体「L.W.W(Live With Wear)」も参加します。
 
【本件のポイント】
●近畿大学と包括連携協定を締結している福島県川俣町での復興支援活動の一環
●環境問題解決やSDGs(持続可能な開発目標)の推進活動を発表
●福島の方々に近大の復興支援活動や学生の取り組みを知ってもらう機会
 
【本件の内容】
近畿大学は「“オール近大”川俣町復興支援プロジェクト」の一環として、平成25年(2013年)に川俣町にビニールハウスを設置し、近畿大学教員の指導のもとポリエステル媒地を使用したアンスリウムの栽培支援と研究を継続的に行っています。今回は「かわまたアンスリウム」を県民に広く知ってもらうことを目的に、近畿大学の学生団体「L.W.W(Live With Wear)」とアンスリウムの展示即売会や、アンスリウムとL.W.Wが栽培したオーガニックコットンを使ったクリスマスアレンジメントのワークショップを実施します。
また、L.W.Wの学生によるSDGs(持続可能な開発目標)についてのパネル展示発表も行い、川俣町でのアンスリウム栽培やオーガニックコットン栽培が私たちの生活や環境にどのような影響を与えるのか福島の方々に知ってもらう取り組みでもあります。
なお、本件は、福島イノベーション・コースト構想促進事業の一環として実施します。
 
【開催概要】
日  時:令和元年(2019年)12月20日(金)~22(日)10:00~19:00
場  所:中合福島店7階大催事場
     (福島県福島市栄町5-1、JR福島駅東口から徒歩約2分)
対  象:一般の方
申込方法:申込不要(入場無料)
お問合せ:川俣町役場産業課商工交流係 TEL:(024)566-2111
 
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.news2u.net/releases/167687
 

******************************
〒577-8502
大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06-4307-3008(近畿大学総務部校友課)
TEL:06-6723-2314(近畿大学校友会)
FAX:06-6724-7430
E-mail:kohyu@itp.kindai.ac.jp(近畿大学総務部校友課)
E-mail:kindai.koyu@gmail.com (近畿大学校友会)

近畿大学    http://www.kindai.ac.jp/
近畿大学校友会 http://kindai-koyu.jp

近畿大学校友会公式Facebook
http://www.facebook.com/kindai.kohyu.jp

PageTop