校友会とは

事業と活動

平成29年度 事業計画 (H.29.4.1~H30.3.31)

会則の定めるところにより、平成29年度は次のとおり各種事業への取組みを行います。

第1校友会総会に関する事項
定期総会は10月15日(日) 東大阪キャンパスにて開催予定
第2支部・同窓会等に関する事項
(1)支部活動の活性化

既存支部の充実・活性化と新規支部設立、休眠支部再発足推進・フォロー

(イ)新設支部の発掘と既存支部の支援強化

(ロ)支部活動の活性化を目指した活動支援強化(支部活動支援事業)

(ハ)各ブロック総会実施の検討(アクションプラン推進事業)

(ニ)支部組織を活用した地域貢献の推進強化

(2)学校及び学部同窓会との連携強化

学校・学部行事や同窓会総会の協力・支援

第3支援団体の充実
(1)支援団体の強化と充実

全国経済産業リーダーズクラブとの連携強化

(2)学校法人近畿大学が推進する「産・官・学」との連携強化(アクションプラン推進事業)

リエゾンセンターやキャリアセンターとの連携強化

第4校友会活動参加への促進
(1)校友への支部入会促進

(イ)新卒業生への校友会リーフレットやパンフレットの配付

(ロ)卒業式、全国経済産業リーダーズクラブ新卒業生歓迎会等での校友会PR用DVDの放映

(ハ)ホームカミングデーや定期総会での支部入会案内の配付

(2)自校教育への積極的な協力

新入生対象の大学が行う「自校学習」プログラムでの校友会PR用DVDの放映と記念品の贈呈

(3)準会員へのサービスの充実と校友会活動の周知(アクションプラン推進事業)

(イ)準会員の定期総会等の校友会行事への招待

(ロ)広報パンフレットやポスターの作成(アクションプラン推進事業)

第5広報活動の強化
(1)ホームページ・SNSの充実

校友会HPと各支部、学部同窓会、支援団体のHP等へのリンクの強化

(2)支部活動情報の共有

HPと支部フェイスブックとのリンクの強化

(3)校友会報の刷新

母校の近況や準会員の活躍情報、「支部だより」による各支部や同窓会の活動状況の紹介

(4)メールマガジン(情報配信メール)の充実

メールマガジンによる大学近況情報を配信(月2回)

第6会則等の検討

時代に即した会則等の検討

第7情報管理
(1)適切な情報収集及び管理体制の強化

(イ)会員番号による管理体制整備の検討

(ロ)既卒者名簿のデータベース化

(ハ)校友会員情報の整備(アクションプラン推進事業)

(2)校友会費の代理徴収等に伴う会費収納システムの検討の継続

(イ)大学総合情報システム部との連携による、時代に即した会費収納システムの開発・

  更改と情報セキュリティー強化の常時検討

第8厚生事業

会員への厚生サービスの充実

新規提携先の開拓による厚生サービスの充実

第9収益事業の検討

校友会グッズの開発と販売促進

第10表彰・支援

規則の定めるところに従い優秀支部及び優良会員・学生・教職員等の表彰・支援

(1)支部表彰に関する事項
(2)会員・学生及び教職員表彰に関する事項
(3)校友会長賞に関する事項
第11学園の事業及び行事への参加と協力
(1)学園創立100周年記念事業への協力(アクションプラン推進事業)
(2)学園が挙行する入学式や卒業式、修了式等への参加・協力
(3)KINDAIサミットやSTUDENTサミットへの参加・協力
(4)学園が行う公開講座への参加・協力
第12校友会本部の設備の充実

東大阪キャンパス整備計計画のオープンキャリアフィールド内移転に伴う設備の充実

PageTop