事業と活動

令和3年度事業計画(2021.04.01~2022.03.31)

「校友の絆」「社会貢献」「母校近畿大学の支援」を具現化することを目的とし、重点実施策を定め各事業への取り組みを行います。

目的 実施事業 事業計画・目標
校友の絆の強化 校友会定期総会 日程:令和3年10月3日(日)
場所:検討中
目標:1,000名
支部結成促進 ①地域支部は47都道府県全ての設置を目標とする
②若手会員増加対策として若手男女会員による新支部の新設を支援する。
既存支部強化 支部活動支援金制度の継続とその成果の展開活動の強化、支部活動助成金制度を新設し、日常の活動支援をする。
女性・若手会員の増加 女性活躍委員会での活動を推進し、各支部の女性部会の連携強化と若手会員支部の会員増加の支援を図る。
社会貢献 支部が行う地域貢献 支部活動支援金制度を活用した活動で社会貢献を促進する。
母校近畿大学の支援 「産・官・学」連携促進 「産・官・学」連携促進を目指し、全国経済産業リーダーズクラブや校友会員企業とリエゾンセンターとの橋渡しの強化を図る。
学園が行う事業および行事への支援 100周年事業準備委員会と大学の委員会と連携して具体的な活動計画を立案する。
学園創立100周年記念募金への協力 100周年募金委員会で具体的な募金活動計画を立案し、募金目標の予実管理を行う。
その他本会目的達成必要事業 会員データ整備及び管理 大学と協働し、既卒者名簿の整備とデータベース化を行い支部会員入会促進活動ツールとして利用出来る様にする。また、引続き情報管理及び管理体制の強化を図る。
準会員へのサービス 奨学金制度の運用と福利厚生サービス及び団体活動の支援を行う。
全国経済産業リーダーズクラブ支援と連携強化 全国経済産業リーダーズクラブの支援や連携を強化し、在校生や若手既卒者へのキャリア支援の強化を図り、校友会活動の参加と各支部への入会促進を進める。

▲ 横にスクロールしてご覧ください